東日本大震災以来、太陽光発電は、とても施工が増えており、今最も注目されている発電システムです。発電された電力は、家庭内で使用可能で、更にその電力を売電することができます。将来的に初期費用が回収可能です。オール電化で使用すれば月々の光熱費もかなりお得になります。更に家庭用蓄電装置を同時に設置すると、売電量をアップでき太陽光発電で賄えない時間帯をカバーすることができます。災害時などの非常用電源、停電時でも貯めた電気を使用することができます。太陽光を設置することによって、屋根への直射日光も軽減され、経年劣化を防ぐことができるので、まさに一石二鳥です。費用は、1軒あたり100万円から150万円程度が相場です。国やお住いの地域によって、補助金が支給される場合もありますので、地域のホームページなどで検索できます。

太陽光発電の施工展を見に行ってきました

先日、友人と一緒に太陽光発電の施工展に行ってきました。お互いに自然エネルギーに関心を持っているということもあり、システムのことを詳しく知るきっかけになるのではないかと考え、ワクワクしながら足を運びました。太陽光発電システムの機器はもちろんのこと、システムの設計や施工、取付けに関することもわかりやすいように工夫されていたので、ほとんど知識を持っていなくても理解できて勉強になりました。しかも、メンテナンスに関することもわかったので、非常に参考になりました。ちなみに、その施工展では、ハウスメーカーさんや業者さんも来場していて、希望すればさらに詳しい情報を教えてくれたり、アドバイスをしてくれていました。これをきっかけに、我が家も太陽光発電システムを導入したいと本気で考えるようになりました。近いうちに、専門の業者さんに問い合わせて、詳しい話を聞いてみようと思っています。その際は、見積もりも出してもらいたいです。

太陽光発電の施工を行う

省エネのことを考え、太陽光発電にしたいと考える人が増加をしています。確かに太陽光発電にすることで発電も自宅で行うことができますし、悪天候の日に電気を購入するというシステムになるので、節約をすることもできます。多く発電をした場合には売電をすることができます。売電をすることによって、電気代をかなり抑えることができます。しかし太陽光発電の施工をする場合にはまとまったお金が必要になります。一部の自治体では補助金を出してくれるところがありますが、全ての自治体ではありません。住んでいる地域で補助金が出るのかどうか、ということを施工をする前に確認をしておくとよいでしょう。施工に掛かる期間も確認をしておくとよいです。工事に時間がかかってしまうこともあるので、近隣への配慮も必要となります。短期間であっても丁寧な工事をしてくれるところを探すとよいです。